コラム

コラム

薬剤性ED(勃起不全)

薬剤性EDとは

抗うつ剤や降圧剤など普段服用している薬剤がED(勃起不全)を引き起こすことがあります。これを薬剤性EDといいます。中枢神経や末梢神経に作用する薬剤、降圧剤、胃潰瘍の薬、抗男性ホルモン剤や脂質異常症の薬剤です。薬剤性EDの頻度は決して多くありません。特に20代の方のEDで精神安定剤や抗うつ剤を服用されている方は心因性なのか、薬剤性なのか難しい鑑別が必要になってきます。また、生活習慣病の高血圧、脂質異常症、胃潰瘍などの薬剤も同様です。加齢による器質性EDなのか薬剤性EDなのか、やはり鑑別が必要になります。

鑑別は我々医師でも容易でない場合がありますので、これらの薬を服用されてEDの症状のある方は医療機関でご相談されるとよいでしょう。ユナイテッドクリニックで対応させていただきます。

降圧剤による薬剤性ED

高血圧などの動脈硬化性疾患の方ではED(勃起不全・イーディー)のハイリスク群ですから器質性EDを第一に考えますが薬剤性のEDも否定はできません。降圧薬による薬剤性EDで多いものは利尿剤とβブロッカーです。原因は明らかになっておりませんが血圧の低下は同時に性器への血液量を低下させるためだと言われています。

降圧利尿剤のサイアザイド系「ヒドロクロロチアジド」、βブロッカーの「アテノロール、プロプラノロール」、カルシウム拮抗薬「ニフェジピン」、中枢作用性交感神経抑制薬「メチルドパ、クロニジン」などが薬剤性のEDを起こす可能性のある薬剤です。降圧剤による薬剤性EDの中で多く処方されている薬剤を商品名で上げるとラシックス、アルダクトンA、テノーミン、アダラート、レニベースあたりでしょう。

アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE-I)アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)は日本性機能学会が薬剤性EDを引き起こす可能性のある薬剤としていますが性活動や勃起機能の保護的に働くという研究結果もあります。またACE-I,ARBは降圧作用以外の作用として臓器保護作用があり、心保護、腎保護作用が知られておりますが陰茎保護作用の確定的な報告はなく保護的に働く機序はわかっていません。(ARBの薬にディオバンがありますが、TVなどでかなり取り上げられ話題に上ったりしました。さわりだけにしておきます。)

「降圧剤でED症状が出るならば降圧剤を飲まなきゃEDにならない」とお考えの方がいるかもしれません。高血圧をほっておくと動脈硬化が進展して器質性EDになりますので続けて服用してください。また薬剤性のEDかもしれないと思ったときは、かかりつけ医に相談して降圧剤を変更してもらいましょう。降圧剤による薬剤性EDの方でもバイアグラ、レビトラ、シアリス等のED治療薬が効果です。また降圧剤とED治療薬の併用に大きな問題はありません。

薬剤の分類 薬剤の種類 一般名 代表的な商品名 勃起障害度
降圧剤 サイアザイド系利尿剤 ヒドロクロロチアジド フルイトラン +++
ループ利尿剤 フロセミド ラシックス +
K保持性利尿剤 スピロノラクトン アルダクトンA +++
中枢性交感神経抑制剤 メチルドパ アルドメット +++
クロニジン カタプレス ++++
末梢性交感神経抑制剤 レセルピン アポプロン +++
血管拡張剤 ヒドララジン アプレゾリン ±
α遮断薬 プラゾシン ミニプレス ++
αβ遮断薬 ラベタロール トランデート +++
β遮断薬 アテノロール テノーミン +++
プロプラノロール インデラル +++
Ca拮抗薬 ニフェジピン アダラート ++
ACE阻害剤 エナラプリル レニベース ++
ARB ロサルタン ニューロタン
+ 症例報告++頻度低い

+++頻度中等

++++頻度高い

±EDと勃起促進作用の報告

(ED診療ガイドラインを改変)

抗うつ薬・向精神薬・精神安定剤による薬剤性ED

抗うつ剤や向精神薬、精神安定剤等を服用している場合でも薬剤性EDになる可能性があります。

抗うつ薬では三環系抗うつ剤のトフラニール、SSRIのパキシル、抗精神病薬のべゲタミンA、抗てんかん薬のテグレトールなどはよく処方されています。元々、うつ状態の人はうつ症状のため性行為自体したいと思うこともなくなりますのでうつ症状の方はEDを発症します。薬物治療で改善に向かった時に初めて御本人が薬剤性EDだと気付きます。近年はSSRIのパキシルの処方数が多いため、パキシルが目立ちますが薬剤性EDの頻度として上記の薬剤の中では多くありません。

抗うつ薬の副作用によるEDや性機能障害はイミプラミンやパロキセチンなどで報告されています。理由としてはセロトニンの増加が言われています。うつ病ではセロトニンが不足している人が多く脳内のセロトニン濃度を上昇させる薬(パキシルのようなSSRIなど)が使われていますがセロトニンの増加はドパミンやノルアドレナリンを抑制するため性機能障害が見られる場合があります。早漏治療でパロキセチンを使用する場合は薬剤性EDを起こす可能性があります。この場合はED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスと併用できますので併用して服用すれば問題ありませんのでご安心ください。早漏症治療薬のプリリジー(ダポキセチン)に関しては薬剤性EDを引き起こす可能性は稀です。ご安心ください。

また抗潰瘍剤のドグマチールですがうつ状態・うつ病・統合失調症の薬剤としても使用されます。性機能障害を引き起こす高プロラクチン血症になりやすく性欲減退やEDの原因となります。

これらに関してもバイアグラ、レビトラ、シアリス等のED治療薬が効果です。

薬剤の分類 薬剤の種類 一般名 代表的な商品名 勃起障害度
抗うつ薬 三環系抗うつ剤 イミプラミン トフラニール +++
SSRI パロキセチン パキシル +
抗精神病薬 フェノチアジン系 プロメタジン べゲタミンA +++
抗てんかん薬 イミノスルチルベン系 カルバマゼピン テグレトール +++
睡眠剤 バルビツール酸系 フェノバルビタール フェノバール +++
抗潰瘍剤 H2受容体拮抗剤 シメチジン タガメット +++
抗ドパミン剤 スルピリド ドグマチール +++
+ 症例報告++頻度低い

+++頻度中等

++++頻度高い

±EDと勃起促進作用の報告

ED診療ガイドラインを改変

抗男性ホルモン剤や脂質異常症剤による薬剤性ED

男性の下半身の影響を与えているのはテストステロンという男性ホルモンです。そのテストステロンを抑える薬で薬剤性EDが見られることがあります。前立腺がん治療中の方が薬剤を投与されています。

また脂質異常症の薬剤でリピトールも薬剤性ED(勃起不全・イーディー)を起こすことが知られています。リピトールは世界でもトップクラスの処方量を誇ります。但しリピトールはEDの報告もあり、逆に勃起促進作用も認められている薬剤で結論は出ていません。スタチン系の薬剤は動脈硬化性疾患の高いリスクファクターであるLDLコレステロールを主に下げます。またその他の作用に動脈硬化プラークの退縮やプラークの安定化(心筋梗塞などの原因である動脈硬化プラークの膜を厚くし破けにくくします)作用が知られており、動脈硬化性のEDには効果的である可能性が高い薬剤です。リピトールで薬剤性EDの症状が出た場合他のスタチンに変更してください。

薬剤の分類 薬剤の種類 一般名 代表的な商品名 勃起障害度
抗男性ホルモン剤 抗アンドロゲン剤 酢酸クロルマジノン プロスタール +++
LH-RHアナログ リュープロレリン リュープリン +++
脂質異常症薬 スタチン系 アトルバスタチン リピトール ±
フィブラート系 クロフィブラート ビノグラック +++
+ 症例報告++頻度低い

+++頻度中等

++++頻度高い

±EDと勃起促進作用の報告

(ED診療ガイドラインを改変)

薬剤性EDをひき起こす可能性のある薬剤一覧

薬剤でEDを引き起こす可能性のあるものをまとめました。

以下の通りです。

薬剤の分類 薬剤の種類 一般名 代表的な商品名 勃起障害度
降圧剤 サイアザイド系利尿剤 ヒドロクロロチアジド フルイトラン +++
ループ利尿剤 フロセミド ラシックス +
K保持性利尿剤 スピロノラクトン アルダクトンA +++
中枢性交感神経抑制剤 メチルドパ アルドメット +++
クロニジン カタプレス ++++
末梢性交感神経抑制剤 レセルピン アポプロン +++
血管拡張剤 ヒドララジン アプレゾリン ±
α遮断薬 プラゾシン ミニプレス ++
αβ遮断薬 ラベタロール トランデート +++
β遮断薬 アテノロール テノーミン +++
プロプラノロール インデラル +++
Ca拮抗薬 ニフェジピン アダラート ++
ACE阻害剤 エナラプリル レニベース ++
ARB ロサルタン ニューロタン
抗うつ薬 三環系抗うつ剤 イミプラミン トフラニール +++
SSRI パロキセチン パキシル +
抗精神病薬 フェノチアジン系 プロメタジン べゲタミンA +++
抗てんかん薬 イミノスルチルベン系 カルバマゼピン テグレトール +++
睡眠剤 バルビツール酸系 フェノバルビタール フェノバール +++
抗潰瘍剤 H2受容体拮抗剤 シメチジン タガメット +++
抗ドパミン剤 スルピリド ドグマチール +++
抗男性ホルモン剤 抗アンドロゲン剤 酢酸クロルマジノン プロスタール +++
LH-RHアナログ リュープロレリン リュープリン +++
脂質異常症薬 スタチン系 アトルバスタチン リピトール ±
フィブラート系 クロフィブラート ビノグラック +++
+ 症例報告++頻度低い

+++頻度中等

++++頻度高い

±EDと勃起促進作用の報告

(ED診療ガイドラインを改変)

 

 

ED治療・早漏治療なら岡山ユナイテッドクリニックへ(系列院ユナイテッドクリニック:新宿・新橋・上野・大宮・福岡博多・名古屋・京都・東京駅前・札幌・仙台・金沢・池袋・横浜)

ED治療・早漏治療の岡山ユナイテッドクリニックではED治療薬のバイアグラ処方・レビトラ処方・シアリス処方・バイアグラジェネリック(シルデナフィル)の処方、レビトラジェネリック(バルデナフィル)の処方、シアリスジェネリック(タダラフィル)の処方、早漏治療薬のダポキセチン処方を北陸で最安値の価格でできるように目指しております。 思い悩む前にお気軽にご相談ください。またED・男性更年期障害(LOH症候群)に効果があるDHEA、亜鉛やビタミンB、マカ等の取り扱いも致しており様々な悩みに対応する事ができます。

アクセス

岡山ユナイテッドクリニックは、岡山県岡山市北区下石井1丁目1-1岡山アーバンオフィスビル8階804となりますが、分からないようでしたら電話等でもご案内させていただきます。 以下の近辺にお住まいの方は是非岡山ユナイテッドクリニックをご利用下さい。   岡山市、美作市、津山市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、
新見市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、吉備中央町、倉敷市、浅口市、和気町、早島町、里庄町、矢掛町、新庄村、鏡野町、勝央町、奈義町、西粟倉村、久米南町、美咲町の方は岡山院をご利用ください。

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

岡山ユナイテッドクリニックは初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずご来院いただけるようプライバシーに最大限の配慮をしています。

新橋院・上野院・大宮院・福岡博多院・名古屋院・京都四条烏丸院・新宿南口院・東京駅前院・札幌院・仙台院・金沢院・池袋院・横浜院へお越しください。

ユナイテッドクリニック・ユナイトクリニック各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

新橋院 JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階) TEL:03-6264-6480
上野院 JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にファミリーマートが入った早稲田ビルヂング8階) TEL:03-6231-6472
大宮院 JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3軒目の山中ビル5階) TEL:048-871-8239
福岡博多院 JR博多駅博多口そば(西21出口)徒歩0分、1階にゴルフショップが入ったヤシマ博多駅前ビル6階) TEL:092-260-7170
名古屋駅前院 JR名古屋駅サンロードS2S3番出口から徒歩0分。マルイト名古屋ビルB1階 TEL:052-564-5800
京都四条烏丸院 市営地下鉄四条駅 or 阪急京都線烏丸駅徒歩0分 エム・カーザビル4401号室 TEL075-746-6411
新宿南口院 JR新宿駅南口 or 都営新宿線 or 京王線 or 大江戸線徒歩0分 共新ビル5階 TEL03-6304-5283
東京駅前院 JR東京駅八重洲北口 or 東京メトロ丸の内線徒歩0分 MTエステートビル2階 TEL03-6665-6425
札幌 JR札幌駅 or 地下鉄東豊線 or 南北線24番出口徒歩0分(北3西2交差点1Fにファミリーマートのさっけんビル2階北、1Fに立体駐車場あり) TEL011-596-6995
仙台院 JR仙台駅西口徒歩0分 井門仙台駅前ビル9階 TEL022-796-9358
金沢院 JR金沢駅東口(兼六園口より)徒歩0分 石川県金沢市此花町5-6 ライフ金沢第一ビル 3 TEL:076-224-1162
池袋院 JR池袋駅西口徒歩0分 東京都豊島区西池袋1-20-6広瀬ビル3階 TEL:03-5924-6548
横浜院 JR横浜駅西口徒歩0分 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2丁目19野地ビル4階  TEL:045-548-4297
岡山院 JR岡山駅 岡山県岡山市北区下石井1丁目1-1岡山アーバンオフィスビル8階804 TEL:086-235-0780

また新橋院には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院・東京駅前院には新幹線でお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニック・ユナイトクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川など東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されます。

 

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
栄ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
天王寺ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
岡山ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
086-235-0780
[月~金] 10:00~19:00
[土] 9:30~18:30 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 14:00~14:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
栄ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
天王寺ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
岡山ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト